ホットヨガの前後のご飯はどうすればいい?気をつけたいタイミング

高温度・高湿度の環境で行うホットヨガは、ダイエットや美容、健康維持など様々なメリットが期待できます。

しかしレッスンを受けただけで、ホットヨガ前後のご飯や飲み物に気を使わなければ、ホットヨガで得た効果を無駄にしてしまう可能性があります。

現在ホットヨガに通うことを検討している方ならば、下記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

  • ご飯はいつまでに済ませた方がいいの?
  • ホットヨガの後すぐにご飯を食べても大丈夫?
  • ホットヨガは空腹でやるべきなの?
  • ヨガ直前にご飯を食べちゃダメな理由を知りたい

ホットヨガに通っている人の中には、ご飯の時間や内容を全く気にしていない方もいます。

実は私もホットヨガを始めた当初は、好きな時にご飯を食べて、ホットヨガ直後にラーメンを食べることもありました。

しかしせっかくホットヨガの効果を最大限に得るためには、ご飯を食べるタイミングが非常に大切になることを学びました。

結論を言うと、ホットヨガのレッスン前後2時間はなるべくご飯を控えるべきなのです。

そこで今回は、ホットヨガの効果を得るために、気をつけたいご飯のタイミングや、その内容について調べてみました。

この記事を見れば、ホットヨガレッスンを頑張った成果を無駄にせず、ダイエット効果を得ることができるでしょう。

まずはホットヨガレッスン前のご飯についてからご紹介します。

ホットヨガは空腹で行うのがベスト

ホットヨガレッスンの前は、2時間ご飯を避けるように勧められています。

なぜホットヨガの前にご飯を食べない方が良いかというと、ヨガのポーズではお腹を動かすので、満腹状態だと気分が悪くなる場合があるからです。

またヨガ中は呼吸とポーズに集中するのですが、お腹が満たされている状態では、なかなか集中することができません。

フルーツや野菜、炭水化物は2~3時間で消化されるので、ホットヨガレッスン2時間前までに済ませると良いのです。

ただ「絶対に2時間空けなければ!」と思っていると、負担に感じてしまうかもしれませんので、「だいたい2時間ぐらい」と頭の中で考えておきましょう。

ホットヨガの日は、早めにご飯を済ませるように意識をするといいと思います。

どうしても食べたくなったら消化の良いものを

あまりにも空腹の状態でホットヨガを行うと、気分が悪くなってしまう、立ちくらみが起きてしまう場合があります。

多温多湿の環境で行うホットヨガは、たくさん汗をかくので、体力を使います。

そのため空腹時間が長すぎるのもよくありません。

だいたいホットヨガレッスンの2~4時間前まで済ませておきましょう。

仕事の後にホットヨガに行く時や、忙しい時には、ご飯を食べる暇もなく、抜いてしまうこともあるかもしれませんが、半日以上空いてしまうのは避けた方がベターです。

ホットヨガがある日は、おにぎり1個でもいいですし、カロリーメイトやソイジョイなどの栄養機能商品をレッスン2時間前に軽く摂っておくのも良いと思います。

またどうしてもレッスン前にご飯を食べたくなったら、なるべく消化の良いものを食べるようにしてください。

例えばヨーグルトやバナナ、野菜スープ、おかゆなどがおすすめです。

もちろんレッスン中に体調不良を感じたら、無理せずに動きをストップしてくださいね。

ここまでホットヨガレッスン前のご飯について説明しました。

次の章では、レッスン後のご飯のタイミングについて紹介します。

レッスン後も2時間はご飯を控える

ホットヨガレッスン直後は体の吸収力が高くなっているので、2時間はご飯を避けるように言われています。

普段通りにご飯を食べても、必要以上に栄養を吸収してしまうのです。

「定期的にホットヨガに通っているのに体重が全然減らない」と嘆いている人は、もしかするとレッスン直後にご飯を食べていませんか?

1時間のホットヨガで消費できるカロリーは、500?600キロカロリーほど。カロリーを消費したからといっぱいご飯を食べてしまえば、頑張りが無駄になってしまいます。

ホットヨガ後はお腹が空きますが、効果を高めるためにも、なるべく2時間はご飯を食べるのを控えるようにしましょう。

ホットヨガを受けただけでは、すぐにダイエット効果を感じることはできないので、ご飯のタイミングにも注意するようにしてください。

友人との飲み会や食事会の予定を入れるもの、ホットヨガ後から2時間あけるように決めるといいかもしれませんね。

もちろん2時間空けたからといって脂っこいものやラーメン、ファストフードを食べてしまえば、ダイエットの面から言えば良くありません。

そのためご飯の内容にも、目を向けてみましょう。

ホットヨガを行った後の食事で気を付けるポイント3つ

栄養やご飯の内容に気をつける

まず栄養バランスが摂れた食事を心がけてください。

ホットヨガで体を動かした後なので、鶏肉や卵、豆腐などのたんぱく質を摂るのがおすすめです。

また仕事の後にホットヨガスタジオに行き、終わって2時間あけて、ご飯を食べることになれば、かなり遅い時間になってしまうことが考えられます。

夕ご飯と就寝までの時間が短いと、睡眠中の胃に負担をかけてしまうため、軽めのご飯にするとよいでしょう。

例えば低カロリーの湯豆腐や野菜スープ、おかゆやうどん、温野菜など、胃腸に負担の少ないものをお腹に入れるようにしてください。

せっかくホットヨガで体温が上がっているので、生野菜などで体を冷やしてしまうのは勿体ありません。

できれば、温かいご飯を摂るようにしたいですね。

また飲み物も、冷たいものではなく、できれば常温のものを摂るようにしましょう。

ホットヨガ前後の食事はどうする?美容効果を高めるメニューとタイミング

ここまでご飯について見てきましたが、一緒に摂る飲み物にも注意が必要です。

ホットヨガ後2時間はミネラルウォーター

ホットヨガのレッスン中は、身体の巡りをよくするため、基本的にミネラルウォーターで水分補給を行います。

レッスン直後は体が吸収しやすい状態になっているので、レッスン後2時間もミネラルウォーターで過ごすようにしましょう。

ジュースやスポーツドリンクを摂ると、体が糖分を吸収してしまい、ホットヨガのダイエット効果を下げてしまうので要注意です。

ご飯の内容を気にしているのに痩せない方は、飲み物の種類にも意識を向けてみましょう。

またアルコールも同様で、2時間は避けるようにしてください。

ホットヨガ直後は血行が良くなっているので、すぐにアルコールを飲んでしまうと、酔いが回りやすくなります。

さらにアルコールには糖分が含まれるため、太る原因にもなるのです。

2時間以上経っても、普段よりはお酒のまわりが早くなるので、お酒の飲み過ぎには気をつけましょう。

ホットヨガの効果をしっかり得るために!おすすめの飲み物を調査
ホットヨガで飲むドリンクの正しい飲み方は?ドリンクの種類は何がいい?

まとめ

いかがでしたか?ホットヨガからのダイエット効果を上げるならば、ご飯のタイミングや内容、飲み物の選択はとても重要です。

特に減量を目的に通う人であれば、ホットヨガ前後2時間はご飯を控えるようにしたいですね。

ホットヨガスタジオに通うとなれば、週1回以上レッスンを受ける人が多いので、毎回ご飯のタイミングや内容を意識することで、より早くホットヨガの効果を得ることができるでしょう。

もちろん目安ですので、空腹で我慢ができないときなどは、ホットヨガ前後1時間でのご飯も問題ないと思います。

無理をせず、楽しみながらホットヨガを続けたいですね。

今ホットヨガに通っている方も、これから通う予定の方も、ホットヨガで健康的にダイエット成功を目指しましょう。

まずは体験レッスン!
駅から近いので通いやすくておすすめのスタジオです。
【ホットヨガスタジオ LAVA】
◆HP:http://www.yoga-lava.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です