大流行のホットヨガとは?通常のヨガとの違いと驚くべき効果

健康やスタイル維持を目的に通う人が多いホットヨガ。芸能人やモデルもボディメンテナンスにホットヨガを取り入れており、ホットヨガに興味を持つ人もいるでしょう。

しかし未経験者の方からすると、ホットヨガに対しては、いろんな疑問を持つと思います。

  • そもそもホットヨガって何?
  • 常温のヨガとの違いは?
  • ホットヨガスタジオには何を持って行けばいいの?
  • ホットヨガにはどんな効果があるの?

簡潔にいうと、ホットヨガは高温多湿のスタジオで、大量に汗をかきながらヨガポーズをするヨガのこと。

ホットヨガのメリットはたくさんあり、ダイエットや便秘解消、肩こりや美肌効果、むくみ緩和、冷え症改善、リラックス効果などが期待されます。

この記事では、ホットヨガと常温ヨガの違いや、ホットヨガに必要な持ち物など、ホットヨガに興味のある方が疑問に思うことを説明していきます。

私は現在ホットヨガスタジオに通っていますが、始める前は「ホットヨガってダイエット以外にも効果があるの?」「飲み物は何でもいいの?」など疑問だらけでした。

まずはホットヨガと常温ヨガの差について、見ていきましょう。

ホットヨガは高温多湿の環境で行う

ホットヨガと常温ヨガの違いとして挙げられるのは、温度と湿度環境です。

ホットヨガは、室温39度前後、湿度60%前後のスタジオで行うため、暖房や加湿器などを使用し、一定の温室に整える必要があります。

そのため自宅でホットヨガを行うのは難しく、専用のスタジオでレッスンを受けることになります。

一方常温ヨガは、それ以外の場所で行うヨガのことです。場所を選ばないので、自宅でできるのも特徴です。

ホットヨガは高温多湿の環境で体を動かしていくため、大量の汗をかきます。

これがデトックス効果につながり、ダイエットや美容効果を期待できるのです。

デトックス効果とは "detoxification"、解毒の短縮形である。 つまり、(体内から毒素や老廃物を)取り除くことである。 アルコール依存症や薬物依存症の際に身体から薬物を減少させる治療を解毒(detoxification)と呼び、デトックスと言う場合もある。 ※出典:Wikipediaより

またホットヨガは身体を温めながら行うので、柔軟性がアップし、怪我をしにくくなると言われています。

そのため運動不足の方、ヨガ初心者の方でもホットヨガは始めやすいのです。

実は私も超運動不足から、ホットヨガをスタートしました。

ついていけるか心配でしたが、ホットヨガスタジオには運動強度の低い初心者向けのプログラムも用意されているので、最初から問題なくレッスンに参加できましたよ。

では、ホットヨガをするとどのような効果が得られるのでしょうか。

汗をいっぱいかいてデトックス効果を

まずホットヨガの効果として挙げられるのが、デトックスです。

デトックス効果とは "detoxification"、解毒の短縮形である。 つまり、(体内から毒素や老廃物を)取り除くことである。 アルコール依存症や薬物依存症の際に身体から薬物を減少させる治療を解毒(detoxification)と呼び、デトックスと言う場合もある。 ※出典:Wikipediaより

汗とともに体に溜まった老廃物を排出します。

老廃物は脂肪の燃焼を妨げてしまうので、ホットヨガで老廃物を流すことで、脂肪の燃焼率アップや便秘解消につながります。

ホットヨガによって代謝も良くなるので、美肌効果やむくみ改善も期待できるでしょう。

またホットヨガは、体を芯から温めながら、筋肉を動かしていくため、全身の血流やリンパの流れを良くする効果があると言われています。

これが肩こりや腰痛、冷え性改善にも役立ちます。

もちろん体を動かすので、ダイエット効果も期待できますが、気をつけたいのがレッスン前後の食事です。

レッスン前後2時間は食事を控える

スタジオに通うと、「なるべくレッスン前後2時間は食事をしないでください」と言わると思います。

なぜホットヨガの前にご飯を食べない方が良いかというと、お腹を動かすポーズがあるので、お腹がいっぱいの状態で行うと気分が悪くなることが考えられるのです。

お腹が満たされている状態では、ポーズに集中できず、レッスン自体を楽しめなくなる可能性もあります。

さらにホットヨガ中は大量に水分を摂取するので、満腹の状態では、水分補給もうまくいきません。

水分補給ができないと、頭痛が起きたり、体調不良につながる場合もあるので、気をつけましょう。

ただし時間が空きすぎると空腹で気持ちが悪くなってしまうので、レッスン2~4時間前に食事をしておくようにしましょう。

ホットヨガを行った後の食事で気を付けるポイント3つ
ホットヨガ前後の食事はどうする?美容効果を高めるメニューとタイミング

またホットヨガのレッスン後は身体が吸収しやすくなっているため、すぐに食事を取ってしまうと、必要以上に栄養を吸収してしまうため気をつけたいところ。

「運動したからご褒美」なんて帰りにコンビニでスイーツを買って食べてしまえば、消費したカロリー以上を摂取してしまうかもしれません。

ホットヨガのダイエット効果を得るためにも、食事のタイミングにも注意してみましょう。

水分補給も同様で、レッスン後は身体の吸収力が高まっているので、すぐに甘い飲み物やアルコールを摂取するNG。

レッスン後2時間はミネラルウォーターで水分補給を行い、お酒はそれ以降に飲むようにしましょう。

レッスン中も、身体の巡りを良くするために、お茶やスポーツドリンクではなく、ミネラルウォーターを飲むことをおすすめします。

ホットヨガの効果をしっかり得るために!おすすめの飲み物を調査

次の章では、ホットヨガのレッスンに必要なアイテムを説明します。

シャワー用のバスタオルや替えの下着が必要

ヨガの持ち物といえば、動きやすい服装、汗ふきタオル、飲み物、ヨガマットを思い浮かべる方が多いと思います。

これらのアイテムはもちろん必要ですが、ホットヨガは汗を大量にかくので、常温ヨガよりも持ち物が増えます。

たとえば汗をかくので、替えの下着を持って行きます。

レッスン後はシャワーを浴びるので、バスタオルも必要になりますね。

飲み物も1レッスンで1リットル以上の水分補給を勧められるので、常温ヨガよりも多くなります。

ホットヨガスタジオでは、定額制の水素水を置いている場合もあるので、荷物が重くなるのがイヤな方は、そのようなオプションを利用するとよいでしょう。

またスタジオに用意がない場合は、スキンケア用品も持参する必要があります。

肌にうるおいを与えるためにも、化粧水は大切ですよね。

化粧をして帰りたい場合は、メイク道具も忘れないようにしましょう。

ホットヨガが初めての方は必見!ホットヨガに必要な持ち物まとめ

「仕事後に行くからメイクをしたままじゃダメ?」という方もいるかもしれません。

しかしホットヨガでは、必ずメイクを落としてください。

その理由については、次の章で説明します。

ホットヨガ前はメイクを取る

常温のヨガでも汗をかきますが、高温多湿のスタジオで行うホットヨガは、かなりの汗をかきます。

メイクをしたままホットヨガをすると、汗でドロドロになってしまいます。

特にマスカラやアイライナーといったアイメイクが崩れると、パンダ状態になる可能性が大。

またメイクをしたままだと、毛穴を塞いで汗をかいてしまうため、肌へダメージを与えてしまうことになります。

そこでホットヨガの前には、メイクを取っておく必要があります。

ホットヨガスタジオには、メイク落としが置いてある場合もあるので、化粧をして行ったとしても、レッスン前にメイクを取っておきましょう。

スタジオにクレンジングの用意がない場合は、自分でメイク落としを持参します。

メイク落としシートなら軽いですし、バッグに入れて持ち運べるのでおすすめです。

ノーメイクの状態でホットヨガをすることで、汗がたくさん出ても気になりません。

思いっきり動いて、どんどん汗をかきましょう。

さらにホットヨガには老廃物を排出する働きがあるので、レッスン後は肌の状態も良くなっているでしょう。

まとめ

室温39度前後、湿度60%前後に保たれたスタジオで行うホットヨガには、健康や美容に嬉しい効果がたくさんあることが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

私はホットヨガスタジオに通っていますが、むくみや肩こりが改善したのを実感しています。

運動不足により体調不良を抱えている人なら、ホットヨガに週1回以上定期的に通うことで、健康的な体づくりを目指せるでしょう。

もちろんの高温多湿の環境下で行うホットヨガが合わない場合は、常温ヨガに変えることをおすすめします。

ほとんどのスタジオでは体験レッスンを実施しているので、ホットヨガに興味のある方は気軽に体験してみてください。

スタジオによって価格は違いますが、1回1,000円~3,000円ほどで受けられます。

ホットヨガの無料体験を実施しているスタジオは?主要3社の料金比較

ホットヨガでは大量の汗をかくので、必ず1リットル以上のミネラルウォーターを持参してくださいね。

ホットヨガを実際に体験してみると、自分に合う、合わないがよくわかりますし、1回でも体がスッキリするのを実感できると思います。

この記事を読んで、ホットヨガに対する疑問が少しでも解決できたなら幸いです。

まずは体験レッスン!
駅から近いので通いやすくておすすめのスタジオです。
【ホットヨガスタジオ LAVA】
◆HP:http://www.yoga-lava.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です