ホットヨガとピラティスを徹底調査!よりダイエット効果を得られるのは?

春に向けて、ダイエットや自分磨きのために、エクササイズを開始する人が増えています。

本格的に習い事を始めようとするとき、ホットヨガとピラティスで悩む人も多いようです。

どちらも健康や美容に良いイメージですが、どのような違いがあるかをご存じでしょうか。

ホットヨガとピラティスについては、下記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

  • ヨガとピラティスって何が違うの?
  • どちらがよりダイエット効果が高いの?
  • ホットヨガとピラティスが両方受けられるスタジオってないのかな
  • ホットヨガの方が痩せそうな感じがする

私はホットヨガのスタジオには通っているものの、ピラティスは未経験なので、この二つにどのような違いがあるかを調べてみました。

ピラティスはヨガの影響を受けて作られたものなので類似点が多いものの、大きな違いとしては、精神面のケアに重きを置いたストレッチ要素が強いヨガに対し、ピラティスはインナーマッスルを鍛えることに重点が置かれていることです。

今回はホットヨガとピラティスの違いや、それぞれのダイエット効果についてご紹介します。

この記事を読めば、あなたがホットヨガとピラティスどちらを始めるべきかを判断することができるでしょう。

ヨガは腹式呼吸、ピラティスは胸式呼吸

まずは、ヨガとピラティスの呼吸法の違いを見ていきましょう。

ヨガの呼吸法が腹式呼吸に対して、ピラティスは胸式呼吸で行います。

それぞれの違いは、下記の通り。

  • ヨガの腹式呼吸は…
    • 横隔膜を引き下げて呼吸する
    • 副交感神経を刺激し、リラックス効果がある
  • ピラティスの胸式呼吸は…
    • 筋肉を使いながら深く呼吸する
    • 交感神経を刺激し、頭がスッキリする

呼吸法は異なりますが、ヨガもピラティスも呼吸を意識しながら行うことは類似しています。

また深い呼吸により、どちらにも心を穏やかに保つ効果があります。


次は、やり方の違いを見ていきます。

ヨガは静止があり、ピラティスは動作を続ける

ヨガには瞑想する時間やポーズに静止を含みますが、ピラティスは常に動き続けるエクササイズとなります。

またヨガの場合は器具を使いませんが、ピラティスは専用の器具を使うことがあります。

ピラティスは、もともとリハビリ目的で開発されたトレーニングで、普段はあまり使われないインナーマッスルを鍛えていきます。

インナーマッスルに働きかけることで、基礎代謝が上がり、体の引き締め効果があります。

また骨盤の位置を本来の位置に整えるため、姿勢を良くします。

他にも血流が良くなることで肩こりや腰痛の緩和にもつながります。

それに対してホットヨガは、高温多湿の室内で身体を温め、ゆっくり身体をほぐしながらヨガやストレッチをしていきます。

ヨガによるリラックス効果はもちろんのこと、発汗しやすい環境により、ダイエット効果や冷え性改善が期待できます。

また温かい環境とヨガのポーズにより、凝り固まってしまった筋肉を和らげることで、肩こりや腰痛改善にもつながります。

ピラティスにもホットヨガにも、多くのメリットが存在しますね。


それでは気になるダイエット効果について、詳しくご紹介します。

ホットヨガの方が消費カロリーは高い

ホットヨガの最大の特徴は、室温39度前後、湿度60%前後の環境でヨガを行うことです。

大量の汗が出るホットヨガは、1回50分~60分のレッスンで300~500カロリーを消費しますので、通常のヨガよりも、カロリー消費は高くなります。

ホットヨガは長期的に継続して行うことで基礎代謝を高め、痩せやすい体づくりができます。

また高温の部屋でじっくり身体を動かすことで、身体を内側から温めて、冷え性の改善にも役立ちます。

血流を促進されることで、便秘や肩こりの解消にも効果的。

さらにホットヨガには、血液やリンパの流れを良くし、身体に溜まった水分や毒素を排出するデトックス効果があります。

ホットヨガの場合は、1レッスンで1リットル以上のミネラルウォーター飲むので、便秘解消の効果も期待できます。

ホットヨガスタジオによっては、脂肪燃焼にフォーカスしたプログラムを用意しているので、そちらを選ぶことでより高いダイエット効果を得られるでしょう。

一方ピラティスは、60分レッスンで170~200カロリーほどを消費します。

消費カロリーはホットヨガの方が高いですが、ピラティスのメリットは、インナーマッスルが強化できるため、体の引き締めが期待できること。

体の筋肉量が増えることで、代謝が上がり、痩せやすい体質になることができます。

またインナーマッスルを鍛えることにより姿勢の歪みが整えられ、落ちにくいおなかの引き締め、ヒップアップにも効果があります。

また姿勢が良くなり、猫背も改善されることで、女性らしいボディラインを手に入れることができるのです。


それではスタジオに通う場合、どちらが安いのでしょうか。

料金の差はほぼない

スタジオによって料金に差はあるものの、月4回グループレッスンを受けた場合。

月4回のレッスン料金比較
  • ホットヨガスタジオ…月4回のレッスン:8,000円~13,000円
  • ピラティス…月4回のレッスン:9,000円~11,000円

どちらもそれほど変わらない印象です。

高くはなりますが、ピラティスの場合はプライベートレッスンを設けているスタジオが多くあります。

グループレッスンとプライベートレッスンを併用している方もいるようです。

また調べていて驚いたのですが、ホットヨガスタジオの大手「LAVA」には、ピラティスのメソッドを取り入れたプログラム「ホットピラティス」があります。

ホットヨガの環境で、ピラティスを組み込んだプログラムを受けられるなんて、お得な感じがしますよね。

ちなみに「LAVA」の月4回の利用料金は、7,685円/月~9,537円/月となっています。

とはいえピラティスのメリットは、自宅でも行うことができること。

ホットヨガの場合、高温多湿の環境が必要なので、そもそも自宅で行うことができません。

一方ピラティスは、スタジオで習ったことを思い出しながら、本やDVD、動画サイトを見ながら行うことができるのです。

ただしピラティス初心者の場合は、DVDを見ただけでは難しい部分があります。

そのため、自宅で行う前には、スタジオでピラティスのやり方や呼吸法を学んでおくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?ホットヨガもピラティスもやり方は違うものの、どちらもダイエット効果が期待できます。

ホットヨガは女性に多い悩みである冷えやむくみを改善しながら、痩せることができます。
ピラティスは普段使わないインナーマッスルを鍛えながら、基礎代謝を高め、ダイエット効果を得ることができます。

冷え性気味の私としては、ホットヨガで汗をかくのがとても気持ち良いので、ホットヨガには通い続けたいと思いますが、姿勢の改善ができるピラティスにも興味をそそられます。

ただしホットヨガもピラティスも、すぐに効果が出るものではありません。

どちらも継続していくことで、体に変化を感じることができるでしょう。

ホットヨガとピラティス、両方とも気になる場合は、それぞれの体験レッスンに行き、続けやすい方を選択するといいかもしれません。

ぜひ記事を参考にして、あなたに合うエクササイズを見つけてくださいね。

まずは体験レッスン!
駅から近いので通いやすくておすすめのスタジオです。
【ホットヨガスタジオ LAVA】
◆HP:http://www.yoga-lava.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です