ホットヨガ前後の食事はどうする?美容効果を高めるメニューとタイミング

楽しく続けられると人気のホットヨガ。

リラックス目的だけでなく、ダイエットや美容効果を期待して行く方が多いですよね。

ホットヨガに通うようになると、食事のタイミングについて悩む人がいるようです。

みなさんは、下記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

  • ホットヨガ前後の食事はどのタイミングで取るべき?
  • ホットヨガに行く前は、何を食べていったらいいの?
  • ホットヨガの後は、すぐに食事をしてもいいの?
  • 食事の内容によって、ダイエット効果が変わるのかしら

調査した結果、ホットヨガのレッスン前後2時間は食事を控えるべきであることが分かりました。

なぜなら食事のタイミングを意識することで、身体への負担を軽減でき、ホットヨガの効果をしっかり得ることができるからです。

そこで今回は、ホットヨガ前後の食事のタイミングと、おすすめの食事メニューをご紹介します。

この記事を読めば、厳しい食事制限をしなくても、ホットヨガの効果でダイエット成功を目指せるでしょう。

まずは、ホットヨガを行う前の食事のタイミングから説明します。

食事はホットヨガの2時間前まで済ませておく

ホットヨガを行う前は、2時間前までに食事をとるようにしましょう。

消化不良の状態だと、ヨガのポーズにより胃が圧迫され、吐き気や気分が悪くなることがあります。

体調不良によって、ヨガのポーズや呼吸に集中できなくなるのは勿体ありません。

しかしながら、ホットヨガは高温高湿の部屋で行うので、たくさんの体力を消耗します。

仕事の後にホットヨガに行く場合は、空腹の状態の人が多いかと思います。

例えば12時のランチ後から、ホットヨガの19時まで何も食べないとすると、レッスン中に身体が空腹を感じるでしょう。

強い空腹感によって、ストレスを感じたり、吐き気や立ちくらみが起きることも考えられます。

もしレッスン中に具合が悪くなった場合は、無理せず動きをストップしてください。

空腹感からの体調不良を防ぐためにも、私としてはレッスンの2~4時間ほど前に、軽めに何か食べておくことをおすすめします。

どうしても食べたくなったらバナナやゼリー

仕事中や都合によって食事はできなくても、おにぎりやカロリーメイト、ナッツ、フルーツなどであれば、ささっと食べられるでしょう。

グリーンスムージーやスープも身体によいのでおすすめです。

また生理の時は空腹を感じると気分が悪くなるという女性もいるので、仕事の合間にでも軽くつまんでおきましょう。

ただし、満腹状態だとホットヨガ中に体調不良を起こす可能性があるので、もしホットヨガレッスン直前に何かを食べる場合には、消化が良いバナナやゼリーなどにしましょう。

それでは、ホットヨガ前の食事についてわかったところで、次はレッスン後の食事について説明します。

ホットヨガのレッスン後に注意すべき食事やドリンク

代謝が良くなっているホットヨガ直後の身体に取り入れる食事やドリンクは、とくに注意しなければなりません。

ホットヨガ後に注意すべき食事・ドリンク
  • 揚げ物やラーメン、ファーストフードなどのカロリーの高い食べ物
  • アルコール
  • 甘いドリンクやスポーツドリンクなど糖分が多く含まれるドリンク

ホットヨガ直後の食事は太る原因になるので要注意

ホットヨガの後も、2時間ほどは食事を控えるようにしてください。

高温度・高湿度の環境で行うホットヨガには、身体に溜まった老廃物を排出し、体内を浄化するデトックス効果があります。

これにより代謝アップや冷えの改善、肌荒れ解消など美容効果が期待できます。

そしてホットヨガ直後は、デトックス状態にあり、吸収率が高くなっています。

その状態で食事を取ってしまうと、栄養やカロリーを吸収しやすくなるのです。

つまりホットヨガ直後に食事をすると、ダイエット効果が薄れてしまうということ。

もしかするとホットヨガに通っても痩せないと悩んでいる人は、ホットヨガの後すぐに食事をしているのかもしれません。

身体を動かした後はお腹がすきますが、揚げ物やラーメン、ファーストフードをレッスン後すぐに食べてしまえば、ホットヨガをした努力が台無しになってしまうので要注意です。

ホットヨガ直後は酔いやすくなるのでアルコールもNG

先ほども説明した通り、ホットヨガの後は、吸収しやすい身体になっています。

そのため食事だけでなく、ドリンク類にも注意が必要です。

ホットヨガ後すぐにアルコールを飲んでしまうと、酔いが早くなります。

少量でも酔ってしまうので、ホットヨガの後に飲み会に参加する場合にも、できれば2時間以上は空けるようにしましょう。

また、甘いドリンクやスポーツドリンクには糖分が多く含まれているため、レッスン直後に飲んでしまうと、ホットヨガのダイエット効果を下げてしまうでしょう。

ホットヨガをしてからも、水分補給をするときには、ノンカロリーで、体の巡りを良くするミネラルウォーターがおすすめです。

ちなみにホットヨガでは大量の汗をかくので、1リットル以上の水分補給が必要だと言われています。

ダイエット効果を上げるためにも、水分はしっかり摂るようにしてください。

ホットヨガをした日はヘルシーな食事をとろう

ではホットヨガから2時間以上経過すれば、好きなものを食べても良いのでしょうか。

もちろん好きな食事をしてもらって構いませんが、ダイエット中であれば、食事メニューにも気をつけてほしいところです。

ホットヨガをした日のおすすめの食事
  • 食材:鶏のササミや魚、豆腐や納豆、野菜やキノコ類、海藻など
  • 料理:温かいスープとサラダ、和食といった軽めの食事

ホットヨガでカロリーをたくさん消費したと思っていても、実は1回50分~60分のレッスンで消費するのは500〜600カロリーほど。

ラーメンや定食を食べてしまえば、あっという間にカロリーオーバーです。

また吸収率が上がっている状態の時にガッツリ食べてしまえば、せっかくの努力が無駄になってしまいます。

2時間後でも普段よりも吸収しやすくなっているので、当日は脂っこい食事やジャンクフード、スイーツは控えた方がよいでしょう。

おすすめの食材としては、鶏のササミや魚、豆腐や納豆、野菜やキノコ類、海藻などです。

ただし生野菜のみだと身体を冷やしてしまうので、スープなどを一緒に食べるのをおすすめします。

私の場合は、ホットヨガをした後のごはんは、和食にするか、サラダとスープといった軽めの食事にしています。

また私はホットヨガに通い始めてから、自分の身体と向き合うようになりました。

身体に良い食事を選ぶようになり、ホットヨガが食生活の見直しにもつながっています。

何も食べないのは身体によくありませんし、無理な食事制限はリバウンドにつながるので、痩せたいからと食事を抜くのだけはやめましょう。

体内にアルコールが残っているときはホットヨガを控える

他にも気をつけるポイントとしては、体内にアルコールが残っている状態でホットヨガを行わないこと。

ホットヨガには血行を促進する効果がありますので、アルコールが残っていると気分が悪くなっていまします。

そのため二日酔いの日や、少しでもお酒を飲んだ後にホットヨガをするのは避けるようにしましょう。

まとめ

ホットヨガ前後の食事のタイミングやメニューで、ダイエットや美容効果が大きく変わってきます。

そのため食事のタイミングやメニューにも意識を向けてみてください。

最初は2時間以上あけるのはツライと感じるかもしれませんが、ボディラインの変化が感じられるようになると、頑張ってよかった!と思えるはずです。

もちろん無理はしないでくださいね。

またホットヨガにはリラックス効果もあるので、ストレスを溜めずにダイエットに励むことができます。

ホットヨガを楽しみながら、キレイを目指しましょう。

まずは体験レッスン!
駅から近いので通いやすくておすすめのスタジオです。
【ホットヨガスタジオ LAVA】
◆HP:http://www.yoga-lava.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です