ホットヨガの効果をしっかり得るために!おすすめの飲み物を調査

ホットヨガスタジオは都内だけでなく、全国に増えています。

体型キープの目的から、ストレス発散や冷え性改善、美肌効果も期待できるため、女性に大人気のホットヨガ。

その効果を高めるには、実は飲み物が重要なんです。

飲み物の選択を間違うと、せっかくホットヨガを頑張っても、その効果が半減するかもしれません。

みなさんは、下記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

  • ホットヨガをしたらどのくらい水分補給が必要なの?
  • 結局、どの飲み物が一番良いの?
  • お茶やスポーとドリンクはダメなの?
  • 水分補給はいつしたら良い?ホットヨガの前?それとも後?

正直なところ、ホットヨガスタジオに通う私も上記のような疑問を持ったため、通っているヨガスタジオのインストラクターに聞いてみたり、自分で調べたりしてみました。

結論をいうと、ホットヨガの水分補給にベストな飲み物は水(ミネラルウォーター)です。

そこで今回は、「ホットヨガには水が良い理由」や「お茶やスポーツドリンク、ジュースがおすすめできない理由」をお伝えします。

この記事を読めば、あなたがホットヨガに持参するべき飲み物が分かり、ホットヨガの効果を最大限に得ることができます。

今ホットヨガスタジオに通っている方、通う予定がある方、また「行きたいな~」と思っている方も参考にしていただければ幸いです。

水分が不足するとデトックス効果が薄れる

まずホットヨガに水分補給が必要な理由について説明します。

もしご存知であれば、読み飛ばしていただいて構いません。

脱水症状を防ぐために水分補給は欠かせない

そもそも、なぜホットヨガには飲み物が欠かせないのでしょうか。

高温度・高湿度の環境で行うホットヨガは、汗がどんどん出てきますよね。

身体から水分がなくなれば、脱水症状を起こしたり、フラフラしたり、頭痛が起きたりといった不調が現れてしまいます。

さらに水分が不足すると、体内の毒素を排出する力がなくなり、老廃物が残ったままになります。つまり、ホットヨガのデトックス効果が薄れてしまうわけです。

またダイエット中は水分を控えがちになるので、ホットヨガをするときには、たっぷりの水分を取ることを心がけるようにしてください。

水分補給はホットヨガをする前も行う

私が通うホットヨガスタジオでは、インストラクターからレッスンの前に「まずはお水を飲みましょう」と声を掛けられます。

汗をかく前の状態から水分を身体に与えておくことが大事なのです。

ヨガの前には、コップ1杯分(200ml)ほどの水を補給します。

実は「のどが渇いた」と自分でわかる状態は、すでに軽い脱水状態なのです。身体からサインが出る前に、しっかり水分を補給しておきましょう。

そしてホットヨガ中は、一気に大量に飲むのではなく、こまめに水分を補給することが重要です。

少なくともペットボトル(500ml)1本は近くに置いておくようにしましょう。

ホットヨガが終わってからも、水を飲むようにしてください。ホットヨガの前から後まで、合計1リットル以上の水を飲むことをおすすめします。

それでは水分補給の大切さを理解頂いたところで、気になる飲み物のチョイスについて説明します。

ホットヨガにはミネラルウォーターがベスト

ホットヨガは、大量の汗とともに老廃物を排出する働きがあります。

不要なものを排出すれば、ダイエットや美肌効果につながっていきます。

このデトックス効果を得るには、身体の巡りをよくする必要があります。

水には、老廃物をスムーズに排出する役割があるので、ホットヨガには最適になるのです。

逆に水分不足になると、尿や便が出にくくなるため、不要な毒素が体内に溜まったままになり要注意。

また冷たい飲み物は内臓に負担をかけてしまうため、常温で飲むようにしてください。

ミネラルウォーターは飲み慣れているものを

ミネラルウォーターの種類は問わず、自分が飲みやすいと思うものでOKです。

ただし、カルシウムとマグネシウムの量が多く含まれている硬水(こうすい)は、飲み慣れていない人だと、お腹がゆるくなる可能性があるので気をつけてください。

硬水の種類には、エビアン、コントレックス、ペリエなどがあります。

普段硬水を飲まない人ならば、カルシウムとマグネシウムの量が低い軟水(なんすい)がおすすめです。

軟水は、まろやかで飲みやすいのが特長です。軟水は、い・ろ・は・す、南アルプスの天然水、クリスタルガイザーなどが有名です。

どれもコンビニやスーパーでも気軽に手に入りますよね。

水道水は塩素が含まれるため、なるべくミネラルウォーターがおすすめです。

ただしミネラルウォーターはコストがかかるため、「水道水で構わない」という人であれば、水道水でも問題ないと思います。

それでは、水以外の飲み物はどうなのでしょうか。

スポーツ飲料には糖分が含まれているのでNG

運動中によく飲まれるスポーツ飲料や燃焼系ドリンク。

ダイエット目的で、運動をするときに積極的に飲んでいる方がいるかもしれません。

しかしスポーツ飲料には糖分やカロリーが高いものが多く、ホットヨガで吸収力が良くなっているときに飲んでしまうと、せっかくのダイエット効果を下げてしまうのです。

同じ理由で、甘いジュース類もホットヨガの水分補給には不向きとなります。

頑張ってホットヨガをした「努力が台無し」なんてことになりかねないので、糖分を含むドリンクでの水分補給は控えましょう。

お茶はカラダの巡りを妨げるからNG

それでは、ノンカロリーのお茶はどうだろう?と思いますよね。

しかし、お茶もスポーツ飲料同様に身体の巡りを妨げてしまうため、ホットヨガのデトックス効果が薄れてしまうそうです。

また緑茶はカフェインを含むため利尿作用があり、レッスン途中にトイレに行きたくなる可能性もあります。

他にコーヒーや紅茶にもカフェインが含まれるので、控えた方がよさそうです。

まとめると、ホットヨガのレッスンにはスポーツドリンクやお茶は避けて、ミネラルウォーターを準備して行きましょう。

レッスン後2時間は水以外の補給は避ける

飲み物に注意するのは、ホットヨガ中だけはありません。

実はホットヨガを行った後は、身体の吸収力が非常に高くなっています。そのためホットヨガの後すぐにアルコールを摂取すると、酔いが回るのが早くなります。

またホットヨガの後すぐにジュースやスポーツドリンクを飲めば、糖を吸収してしまいます。

そこでアルコールや甘いドリンクは、ホットヨガをしてから2時間以上は飲むのを控えるようにしてください。

身体が吸収しやすくい状態になっているため、上記の飲み物だけでなく、食事をするのも2時間以上あけることをおすすめします。

つまりホットヨガの後も、最低2時間はミネラルウォーターで過ごすようにしましょう。

ここまでが、ホットヨガの飲み物について、リサーチした内容です。

まとめ

いかがでしたか?ホットヨガの効果を最大限に得るために、おすすめの飲み物と、避けるべき飲み物を紹介させて頂きました。

飲み物でも、ホットヨガの効果が大きく変わってくるなんて、驚きですよね。

私の場合は、 500mlのミネラルウォーターのペットボトルを2本持っていくようにしています。持参するのを忘れたり、足りなくなったりしたときは、ヨガスタジオで購入していますよ。

スタジオの中には、ウォーターサーバーが置いてあるところや、ミネラルウォーターや水素水を購入できるところもあります。

自分の身体のためにも、水分補給はしっかり行ってくださいね。

まずは体験レッスン!
駅から近いので通いやすくておすすめのスタジオです。
【ホットヨガスタジオ LAVA】
◆HP:http://www.yoga-lava.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です